ハンドピュレナ以外に浮き出た血管をケアする簡単な方法ってないの?

年齢の割には手の甲が綺麗かもしれない・・・と感じている方もいらっしゃるかもしれません。そんな方の多くは、顔のお手入れと一緒に手の甲もお手入れしている方が多いのではないでしょうか?お顔に化粧品や美容液を塗ったその動線で、そのまま首をケアするのと同じです。

お顔をケアしたその手で、手の甲にも塗り広げてあげると手間もかからず保湿することができます。お顔のケアをした後、手のひらに残っている化粧水やクリームを、首や手の甲に塗ってあげるのを習慣にするといいですね。

ハンドピュレナを使用する場合にも同じことが言えますが、水仕事をした後などは、すかさず保湿クリーム(ハンドピュレナ)を塗るようにする必要があります。さらに車の運転中にはUVカットの手袋を利用するといいでしょう。もちろん、外出の際には日焼け止めは必須です。

美しい手の甲になるには、お顔に行っているお手入れと同じことを手の甲にもしてあげることです。実は、お顔や髪以上に、外的ストレスを受けているのは手の甲なのかもしれません。そのため、念入りなお手入れは必要なんですよ

ハンドピュレナはハンドベインにも効果を期待できる成分が豊富に配合されていますが、手の甲の保湿するために代用できるものは他にもあります。オリーブオイルやココナッツオイルを指先や爪の乾燥している部分に塗ってあげるのも良いでしょう。この方法は手がベタ付くので少量を使用するのがおすすめですよ。

この点では、ハンドピュレナはベタつきがなく、肌馴染みが良いので、いつ塗っても邪魔にならないのがメリットですよ。

また、お皿洗いや水仕事の時は、ゴム手袋などをするのも良いでしょう。やはり繰り返し行われる水仕事は、手を乾燥させ、老い手を作る原因になってしまいます。オリーブオイル(ハンドピュレナ)などを塗った上に薄手のビニール手袋着けて、さらにその上からゴム手袋にすると、パック効果も期待できます。

水仕事が終わって、ゴム手袋を脱いだ頃には、保湿されたきめ細かい肌になっているでしょう。こうした少しの工夫でハンドピュレナの効果を最大限に引き出せますし、ハンドピュレナを使用しなくても、一般的なケアができますね!