メイクで隠せない「老け手」!実年齢より老けて見られる手の特徴

シワやシミなどの加齢現象はメイクで隠すことができますが、手の甲で年齢がバレたかも?と自分で気づいたことはありませんか?

自分の手の甲を見てハッと気づいたり、横に座っている若い女性の手と自分の手の甲を比べてしまった時など・・・

手の甲の年齢は顕著に表れますよね。「老け手」は、加齢だけでなく、どこか「疲れ」や「苦労」を感じさせ、年齢を表す以上に悪い印象を抱かれがちです。

  • 手の甲の血管がボコボコしている
  • 手の甲が痩せている
  • 手の甲が黒ずんでいる
  • 手の甲にシミやシワがある

このような手の特徴がみられるのではないでしょうか?

不健康なイメージもする「老け手」をなんとか解消したいですよね。この「老け手」の原因となっているのは次のとおりです。

  • 室内の乾燥(乾燥の季節)
  • 水仕事による乾燥
  • 紫外線
  • 加齢

紫外線は、肌の老化も促進させてしまうことは知られていますが、手の甲の老化も同様です。皮膚を傷つける紫外線は極力さけるように心がけましょう。紫外線予防の手袋の着用は効果的ですよ。実は紫外線が降り注いでいるのは、夏の間だけではありません。お顔はメイクなどの下地で紫外線をカバーできていても、手の甲はカバーしきれていないので注意が必要です。

夏の間は特に紫外線が厳しいので、手の甲にも紫外線が降り注ぎ、シミやシワなどの老化を加速させます。せめて夏の間だけでも手の甲にも日焼け止めクリームやUVケアを十分にしてあげることが大切です。予防をすることで、手の甲の老化を予防することができます。

今、老い手対策として人気なのがハンドピュレナです。常に手の甲に塗って乾燥を防ぎ手の甲の老化を予防してくれるクリームです。紫外線を予防し、ハンドピュレナで乾燥を予防することで、手の甲の老化を遅れさせることができるでしょう。

突然の手荒れにもすぐにケアして挙げることが大切です。そんな時は、ワセリンを分厚く塗って手袋をはめて寝ながらパックするのも良いかもしれません。